ウーマン

イタチやコウモリ駆除を行なっている専門業者がある

イタチの害を防ぐ

ワーカー

民家にも現れ害をなす

イタチといえば昔話などにも登場する動物としておなじみですが、農村部などで生活しているのでない限りなかなか実物を目にする機会はありません。ところが最近ではやや事情が変ってきています。宅地開発等によってイタチの棲息する草地などが減少していることから、ところによっては民家の庭先などでも目撃される例が増えてきています。中には天井裏などに巣を作り、そこに住みついてしまうケースもあります。家の中に入り込んだイタチは、糞尿で建物を汚したりダニやノミなどの害虫を媒介したりします。またイタチは夜行性であるため、夜中にごそごそと動き回って安眠を妨害したりすることもあります。そのため最近では住宅地でもイタチ駆除のニーズが高まってきています。

さまざまな駆除方法

イタチはネコ目イタチ科の哺乳類で、日本では在来種のニホンイタチのほか20世紀前半に入り込んだとされているチョウセンイタチなど数種類が棲息しています。イタチは動きが敏捷で、性格も凶暴だといわれています。そのためイタチ駆除を行うにしてもうかつに近づいたりするのは危険なので、まずは自宅に近づけないような工夫が必要です。自分でできるイタチ駆除としては、侵入口をふさぐ工事をしたり忌避剤を撒いたりといった方法があります。またイタチは強い光が苦手なため、ホームセンターなどで購入できるフラッシュライトもイタチ駆除グッズとして人気があります。これらの方法でも効果がないときは、駆除業者に依頼して捕獲してもらうことになります。専門の業者であれば地方自治体への捕獲許可申請も代行してもらえます。